↓ 私はこれでTOEICの点数が200点上がりました ↓

林式 TOEIC TESTスコアアップ術

TOEIC LPI−TOEICでスピーキング能力を測る

TOEICは、読む・聞く試験しかないと思われがちですが、実は、話す能力を測る試験も存在しています。

それは、TOEIC LPIという試験です。


少し前までは、TOEICで730点以上の成績をとった人だけに受験資格があった、という、ちょっとエリート意識もかもしだす試験だったのですが、今では、誰でも受験することが可能になっているようです。


試験は、面接官との面談により行われます。

時間は、大体20〜25分。会話の流れに沿って、テーマは変わっていきます。


評価は、11段階で評価されますが、Non-Nativeスピーカーだと、ほとんどの人が、下から数えて3段階目から5段階目までに評価されるそうです。

(そういう意味では、ちょっと評価は辛いのかもしれません)


今のところ、知名度も低いし、自分のために受ける以外に、使い道はないかもしれませんね。

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。