↓ 私はこれでTOEICの点数が200点上がりました ↓

林式 TOEIC TESTスコアアップ術

TOEIC受験−受験時の持ち物

TOEICの申込が終われば、いよいよTOEICを受験する時がやってきます。

今回は、TOEIC受験時の持ち物について書いて行こうと思います。


ちなみに、TOEIC受験時に持っていく物は、前日までに準備されることをおすすめします。

こうすることで、TOEIC受験当日にあせらないですみますし、何より、忘れ物をするリスクがぐっと減りますから。

写真+写真付身分証明書が必要!

TOEIC受験時に最低限持っていくべきものは、下記のとおりです。

  1. 受験票
  2. 証明写真1枚(裏面に氏名等を書いた上で、受験票に貼り付けておきます)
  3. 公的に自己を証明する写真貼付の身分証明書(例えば、運転免許証、学生証、社員証、パスポート、住民基本台帳カード)
  4. HBの鉛筆、消しゴム
  5. 腕時計(携帯電話・置時計は禁止)

ここで注意しなければいけないのは、TOEIC受験においては、写真+写真付身分証明書が必要だ、ということです。

少し前から、TOEICの合格証書が写真入りで発行されるようになりました。それに伴って、受験時にも本人確認が厳格にされることになったのです。

特に証明写真は、多少とはいえ準備するのに時間がとられるので、早めに準備してください。

TOEIC受験には時計も必需品

同様に、こういう試験では腕時計が必需品になっています。

受験会場には時計がない場合も多いので、自分で時計を持っていく必要があるのです。

ここで、注意が必要なのは、携帯電話・置時計は禁止されている、ということです。また、下手に高機能な時計を持っていくのも何が起きるかわからないので、危険です。

個人的には、シンプルな文字盤だけのアナログ腕時計がおすすめです。

TOEIC受験には昼食持参で

必ず必要、というわけではないのですが、TOEIC受験には昼食を持参で行くことをおすすめします。

最初にも書いたとおり、会場周辺は大変混雑するので、昼食を現地調達しようと思っても時間ばかりかかって、効率が悪いことが多いです。

そんな時間をかけるくらいだったら、昼食を持参して、空いた時間で参考書でも読みましょう。

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。